初期費用を安くできる

複合機

不具合の負担がない

コピー機は一般家庭の中ではあまり必要とされないものですが、企業の職場の中ではとても大切な物品の一つです。コピー機の中にはFAX機能が搭載されているものが多く、FAXは大切なお客様との取引をスムーズに行うには必要不可欠なものなので職場内には一つは用意しておくと今後のためになります。しかし、コピー機を導入するために高額な金額をはじめに支払うのはとても大変なものです。そこで導入されているのがリースというシステムです。コピー機のリースは基本的に新品のもので、契約によって違いますが月々費用を支払い初期費用をかけずに利用することが可能になります。新品のものを利用できるため不具合なども少なくスムーズに仕事を行うことができます。リースの料金には決められた利用料とある一定の期間に印刷された枚数による料金と保険料が含まれます。それを毎月支払うことでリースのシステムは成り立っています。また、コピー機の所有権はリースのサービスを提供している企業にあるため、不具合などがあっても修理費用などを負担する必要はありません。リースでは五年などの年月が経つと契約の期間が切れてしまうため、その後新たに更新するか違うところと契約をするか新たに購入するかをしないとコピー機を使用できなくなってしまいます。初期費用を安く抑えられることや不具合などで起こる負担を抑えられるという理由から現在はほとんどの企業でコピー機のリースを利用しています。

Copyright© 2018 色温度の特徴と活用方法【色を数値で表す方法】 All Rights Reserved.