コンピューターでの製図

男の人と女の人

正確に製図できます

cadという言葉をよく耳にしますが、いったいどういったものなのでしょうか。まず、cadとはコンピューターを使って製図するシステム全般を指します。cadが扱う分野は広く、家やビルの建築設計、家具などのデザイン設計、自動車をはじめとする機械計、携帯電話やカメラなどの精密機器の設計など、設計と言われるものは、ほぼすべて扱っています。cadの種類も1500種類くらいは存在すると言われ、写真者向けのものからそれに特化したもの、二次元の図面しかかけないものから、3Dに展開できるもの、価格も無料でダウンロードできるものから数百万円必要なものと多岐にわたっています。cadを利用して設計図をかく大きなメリットは、コンピューターがかくために正確でリアルなものが仕上がるということです。手がきの場合は、どうしても線がぶれたりしてしまいますが、コンピューターだとそういったことはありません。また、図面を修正するときも手書きだと誤って他の部分も消してしまったり、関連する箇所の修正が漏れたりします。コンピューター管理だとそのようなミスも少なくてすみます。さらにデータの共有が楽であるということもメリットです。共有のフォルダにデータを入れておけば、その仕事に携わる人が簡単に見ることができます。取引先へもメールに添付して送れば、最新のデータをすぐに届けることができます。cadデータを利用してプレゼンのための資料を作成する際もとても便利に使うことができます。

Copyright© 2018 色温度の特徴と活用方法【色を数値で表す方法】 All Rights Reserved.