安心して使うなら

インク

純正品とリサイクル品

プリンターをよく使う企業にはトナーの代金がより安く済むようにしたいという気持ちがあります。交換の度にトナー代はかさみますので安くできれば経費削減に繋がります。もし、トナーを安くしたいならばリサイクルトナーを使うと便利です。トナーには純正品とリサイクルトナーの二種類があるのを知っていますか。まず、純正品のトナーとはプリンター本体のメーカーが作っている正規品のトナーを指します。リサイクル品ではなく、こちらは新品です。リコーをはじめ、メーカーは通常、純正品を使うことを推奨しています。確かにリコーをはじめとするメーカーの純正品を使えば、メーカー品なので安心して使うことが出来ます。不具合やプリンターに対する故障も少ないのがリコーをはじめとするメーカーの純正品の最大のメリットです。万が一、故障や不具合が起きてもメーカーが保証してくれるのは安心です。しかし、純正品の物はリコーに限らず、単価が高くコストパフォーマンスが悪いのです。また、型番が古いものは見つかりません。一方でリサイクル品のトナーは純正品に比べて価格が安いのが特徴です。ところで、リサイクル品とはどのようにリサイクルされたものか知っていますか。空のトナーカートリッジは一度使用されると業者によって回収されて、洗浄され、もう一度使えるように修理をされます。それがリサイクル品です。リサイクル品の方はメーカーが生産終了した型番でも手に入る可能性があります。何より、環境にも優しいです。リコーをはじめメーカーはバラバラですが、最近ではリサイクル品の品質が向上しています。

Copyright© 2018 色温度の特徴と活用方法【色を数値で表す方法】 All Rights Reserved.